たるみ毛穴のメイクでのカバー

たるみ毛穴をカバーするメイク

たるみ毛穴は、出来てしまうとなかなか元の状態に戻すのが難しくなってきますよね。

 

いくらコラーゲンがたるみ毛穴に効果的といっても、経済的にコラーゲンでたるみ毛穴対策をするのには、限度があるという人もいるでしょう。

 

そうなるとたるみ毛穴対策として用いられるのが、メイク。
ただ、ファンデーションなどを塗ったからといって簡単にカバーできないのが、たるみ毛穴の怖いところ。

 

そこで、ここでは悩ましいタルミ毛穴を無かったことにするようなスキンケア、メイクの方法をなどを紹介します。

タルミ毛穴を無かったことにする毛穴カバーテクニック

タルミ毛穴というのは、加齢によって起こりやすくなるのですが、20代後半から徐々に毛穴が目立ってきて、ここのスキンケアを怠るとたるみ毛穴地獄一直線!ってことになってしまいます。

 

最初は、ファンデーションなどでごまかせていたものが、気がつけばファンデーションも毛穴落ちしたり、ファンデーションでカバーしようとすると、ついつい厚化粧になってしまったりしてしまします。

 

ファンデーションの塗り方も一歩間違うと、余計に毛穴の部分が目立ってしまったり、厚塗りしたことで、化粧崩れし易くなってしまいます。
わたしたちは、毛穴をカバーするには、厚く塗る方法がいいように思ってしまいますが、メイクのプロなどに言わせると、

 

ファンデーションはなるべく薄く!

 

というのが、ポイントなんだそうです。

 

 

そのためにも、ベースメイク前にしっかりとローションなどでお肌にうるおいをあたえるなど、スキンケアにたっぷり時間をかけることがポイントになるそうです。

 

出来れば、ローションパックなどでお肌を保湿して、ふっくらさせることで、メイクのノリも違ってくるそうです。

 

 

ファンデも、最初は手で薄く塗り、なめらかに伸ばし、その後スポンジでしっかりとたたき込むことで、薄いながらも毛穴が目立たないようになるそうです。