たるみ毛穴の原因と状態

たるみ毛穴の症状と原因

たるみ毛穴というのは、科学的というか、皮膚のメカニズムから説明をすると、コラーゲンにコイル状に巻きつくことでお肌に弾力を生む、エラスチンの機能が低下していきます。

 

そして、その状況によって、毛穴が深く落ち込んだ状態になって、毛穴が陥没。
涙形のように広がっていく状態になっているわけです。

 

ですから、たるみ毛穴を改善する対処法としては、エイジング成分と言われるものを皮膚に与えて、真皮層を活性化していくことが重要になるようです。

 

ちなみに、たるみ毛穴の改善などに効果的なエイジング成分を含んだアイテムなどが雑誌などでもよく紹介されています。

 

最近見た中では、アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEXという商品やアーチチョーク葉エキス、ビタミンC誘導体配合のDHCポアナエッセンス、和漢エキス配合のトワニーエスティチュード セラムディミニッシャーなどをがありました。

 

 

たるみ毛穴は肌の奥から立て直す

たるみ毛穴を引き起こす原因は、ほとんどがお肌の奥底のハリが失われてしまうことで、どんどんたるみ症状が進行していきます。
このお肌の奥底のハリは、紫外線などによるコラーゲン不足などが大きく影響しているので、毎日の紫外線ケアが大切になってきます。

 

とはいうものの、すでに紫外線にとって受けたダメージによってたるみ毛穴が引き起こされているので、今からは、これ以上ひどい状態にならないように紫外線対策を行うということになります。

 

また、お肌にハリをもたらせるのには、お肌をしっかり保湿して潤いのあるお肌にしていくことが大事なのですが、そのためにはお肌の内側の毛細血管の血流を良くして、細胞に十分な酸素や栄養を届けてあげることが大事になります。

 

化粧品などでお肌に潤いを与えたとしても、細胞そのものが元気にならなければ、その化粧品でのたるみ毛穴ケアも一時的なもので終わってしまいますからね。

たるみ毛穴のスキンケアで気をつけること